バイアグラを利用すると、その副作用によって身体のウイルスなどに対する抵抗力が少し弱まります。バイアグラを使用した後には鼻づまりやほてりと言った風邪の初期症状に近い状態になりますが、それはこのためによるものです。
バイアグラは、国内で一番最初に発売された勃起不全を治療するための画期的な治療薬です。現在世界中で発売されている勃起不全のための治療薬は全てこの薬を参考に開発が行われたと言っても過言ではなく、実際にバイアグラの欠点を補うために後年に多くの薬が開発されて販売されています。では、その効果は一体どの程度のモノなのでしょうか。
基本的に、バイアグラを利用するときには服用前と服用後で食事をとることは許されません。空腹の状態で使用することで最も大きなパフォーマンスを発揮できます。この薬は、有効成分の中に食事に過剰に反応してしまうものがあるため事前や事後に食事をとってしまうと余計な副作用が生じることもあります。実際、用法にも食事をとらないようにと注意書きがあるため間違った使用方法で使わないように気をつけなくてはいけません。一度使用すると、その効果は5時間程度持続するため一晩限りの行為であるのならば満足の行く結果を残すことができます。ただし、続けて利用していくのならば必ず使用間隔を24時間以上あけなくてはいけません。24時間の間隔をあけずに使用すると体内に残存する副作用を及ぼす成分が上手く消費されないため、慢性的に身体がだるくなってしまいます。24時間をあければそのようなこともないため、抵抗力をそのままに薬を継続的に利用できるのです。
このように、バイアグラは副作用があるものの正しく使えば満足のいく効果を実感することが出来ます。