バイアグラは優れた勃起力を発揮してくれますが、精力剤とは根本的に異なるものです。
勃起力と精力は異なるものであり、勃起力アップのためにED治療薬は役立ちますが、精力減退を解消してくれるのは精力剤なのです。
どんなに優れた勃起力を得ても、性欲がなければ性行為には至らないでしょう。
食生活の乱れにより精液が薄くなれば、ドクドクとした射精感は得られません。
ED治療においてはバイアグラなどの治療薬を服用し、生活を整えていくことが重要なのです。

EDの検査の際には、食生活の指導を受けることもあります。
これは、かかりつけ医が魚を推奨する理由と同じようなものです。
生活が乱れると血液が流れにくくなり、その結果としてドロドロ血液を招いてしまうのです。
肥満、糖尿病などを患っている方は、EDの発症率が非常に高いのもうなずけます。
EDは血流障害により起こることが多く、特に魚を食べない方は注意が必要です。
肉類の脂を溶かすためには魚の油が役立つため、毎日食べる習慣を身につけたいものです。
かかりつけの医師も、肥満、血中脂質の異常といった症状が見られる方には、積極的に魚を食べるように勧めています。
特にさんま、いわし、さばなどがおすすめであり、DHAやEPAをたっぷりと含んでいます。
コレステロールの付着を予防する作用もあるため、血液を綺麗にしたい方は普段から意識して食べておきましょう。

バイアグラの勃起力は素晴らしいものですが、万能薬ではありません。
性の悩みをすべて解消できる薬ではないのです。
血液ドロドロの部分に関しては、食生活の改善、節酒、禁煙などにより症状を抑えていきましょう。
普段から予防対策をしておけば、40代を過ぎても元気な性生活を維持できます。