バイアグラはもともと狭心症の治療のために開発されていた薬であることは有名な話です。
しかし、狭心症に対する効果は十分でなかったため、治療薬の回収をしようとしたところ、患者の中には返却を拒む人が多くいたのです。
その理由を調査すると勃起を補助することがわかり、現在のようなED治療薬として使用されるようになったのです。
バイアグラは非常に優れた治療薬ではありますが、誰でも使用できる薬ではありません。
そのため、使用する際には自分が禁忌事項に該当していないかどうかをしっかりと確認することが重要になります。
特に服用している薬がある場合には、注意が必要です。
硝酸薬を使っている人は決してバイアグラを使用してはいけません。
硝酸薬は飲み薬だけでなく、舌下錠や貼り薬、注射、吸入剤にも含まれているため、病院などの治療で使用したケースも考えることが必要です。
よく使用されている薬では狭心症の発作を抑えるためのニトログリセリンがあります。
ニトログリセリンの貼り薬や吸入を行っている人は、バイアグラと併用することで血圧が危険なレベルまで下がり、死んでしまう場合もあるので絶対に使用してはいけません。
基本的に他の薬を服用しているときは医師や薬剤師の指導をあおぐことが必要になります。
他には心血管系に障害がある人や重度の肝障害がある人、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往がある人などは使用するべきではありません。
バイアグラはもともと狭心症の薬であったということもあり、血圧に大きな影響を与えます。
そのため、心臓や血管など血圧によって影響を受けやすい臓器が健康でない場合には使用することが出来ないのです。
他にも網膜色質変性症と診断された人も使用できません。