Monthly Archives: 2月 2015

バイアグラの副作用と失明の可能性

勃起不全の解消にはバイアグラが効果的ですが、使用にあたり副作用に関して把握しておくことが大切です。
国内で認可されるまでは海外からの輸入で購入していたため、正しい用法用量を守らずに重大な副作用が発生していた時期があります。
現在では正しく認可され安全に使用できるようになっているため、副作用に関しては心配がなくなっています。
心配がなくなった理由には医師が処方するため健康状態を把握することができますので、安全に使用できるようになっているのです。
バイアグラは医師の処方が必要ですが、保険適用外の薬となるため自費診療となります。
人間の体には勃起を抑制する酵素がありますが、バイアグラは勃起酵素の働きを抑制することで勃起を促進することが可能です。
バイアグラに関しては勘違いしている人も多いですが、勃起を促進する効果はありますが、性的興奮や精力剤のような効果は持っていないのが特徴です。
飲んだだけで効果を感じてしまう人もいますが、思い込みが影響している部分となります。
バイアグラは誰でも服用できるものではなく、健康状態や服用中の薬との関係により服用できない人もいます。
医師の判断によって処方されるかが決まりますので、知識がない状態で輸入薬を使用するのは危険性が高いと言えます。
いろいろな状況があるため簡単に素人が判断できるものではありませんが、バイアグラには目の疾患がある場合には服用できない薬となります。
確率は低いですが失明の可能性が研究結果で発表されているため、確実に安全だとは言い切れない面もあります。
飲んではいけない人がいるわけですから、医師の判断により服用するのが基本です。
処方を希望する際には、他に服用している薬があれば内容がわかるようにしておく必要があります。

バイアグラが視覚に影響を及ぼす?

バイアグラは比較的安全性の高い医薬品として知られていますが、医薬品には必ず副作用が存在しています。
これは効果が強い医薬品ほど顕著に表れることとなりますが、それではバイアグラにはどういった副作用が存在しているのでしょうか。
バイアグラの副作用の一つとして、比較的よく知られているのが「青視症」と呼ばれる症状です。
青視症とは「物が一時的に青く見える」という症状であり、通常はバイアグラの効果が持続している間だけ発症し、その後は回復するものとなります。
それではどうしてバイアグラを服用すると青視症が引き起こされるのでしょうか。
これは目の網膜の中に存在する「PDE6」という物質が関係しています。
バイアグラはその薬品の作用としてPDE5という物質に作用をするのですが、この際には別のPDEに対しても若干の影響を与えることとなります。
PDE6は網膜に届く光を脳に伝える役割を担っており、その働きが薬の成分によって阻害されてしまうことによって、視界が青く見えてしまうのです。
ですがこの青視症の副作用が出る確率はかなり低く、副作用が出たという報告の中でも数パーセント程度しかありません。
時間がたてば自然に回復するものであることと副作用としての報告数が圧倒的に少ないということから、さほど気にする必要がありません。
とはいえ、こうした症状が出たというような場合には、継続して服用をすると別の副作用が生じる恐れがあるということも否めません。
最近ではバイアグラ以外にもシアリスやレビトラといったような様々な勃起不全治療薬が出てきていますから、担当医に相談をして状態をチェックしたのち、別の医薬品に切り替えることを検討するとよいでしょう。

バイアグラ流通当初の事故は併用薬が原因

バイアグラは1990年代末ごろから全世界に流通するようになっており、勃起不全症状の改善薬としての地位を確立しています。
しかし、バイアグラの流通が開始された当初の段階では、さまざまな事故が報告されていたのも事実です。
中にはバイアグラを服用したことによる死亡事故も報告されていたため、現代であっても「バイアグラは効果が強力で、危険性が高い」というような考え方を持っている人が少なくありません。
ですがしかし、実際にはそうした考え方は「誤解」なのです。
ではどうして事故が発生していたのかというと、その大きな原因となるのが「併用薬」の問題でした。
バイアグラは勃起不全症状の改善のために利用される薬品ですが、その際には「血流を促進させる」という効果があります。
この血流促進作用は通常だと健康被害を及ぼすようなものではないのですが、時にこの血流促進作用は、他の薬との飲み合わせによって致命的なレベルに至ってしまうこともあるのです。
ではどういった医薬品と併用すると危険になるのかというと、特に注意しなくてはならないのが「硝酸剤」や「一酸化窒素供与剤」といったような医薬品です。
これは「ニトログリセリン」や「亜硝酸アルミ」、「硝酸イソソルビド」といったような成分を含む医薬品が該当するのですが、特に硝酸薬を同時に服用すると、死亡事故に繋がるリスクがかなり高くなってしまいます。
バイアグラは現在、インターネット通販などでも気軽に購入できるようになってきているのですが、実際の服用の際には医師の指示が必須となります。
もし医薬品を定期的に服用しているというような場合であれば、必ず普段服用している医薬品を持参の上、専門医の診察を受けるように注意してください。